2016年大会概要

大会スケジュール

月日 ステージ 出発地 到着地
12/31
1/1
車検・書類審査
01/02 ブエノス・アイレスにてスタート・セレモニー
01/03 第1ステージ ブエノス・アイレス ビージャ・カルロス・パス
01/04 第2ステージ ビージャ・カルロス・パス テルマス・デ・リオ・オン
01/05 第3ステージ テルマス・デ・リオ・オン フフイ
01/06 第4ステージ フフイ フフイ
01/07 第5ステージ フフイ ウユニ
01/08 第6ステージ ウユニ ウユニ
01/09 第7ステージ ウユニ サルタ 
01/10 休息日 (サルタ)
01/11 第8ステージ サルタ ベレン
01/12 第9ステージ ベレン ベレン
01/13 第10ステージ ベレン ラ・リオハ
01/14 第11ステージ ラ・リオハ サン・ホアン
01/15 第12ステージ サン・ホアン ビージャ・カルロス・パス
01/16 第13ステージ ビージャ・カルロス・パス ロザリオ

 

ダカール・ラリー2016 日程

・2015/11/18 記者発表会 パリ
・2015/11/19 ヨーロッパからの車両の乗船手続き
・2015/12/29 港でヨーロッパからの車両の下船手続き
・2015/12/30 午後 競技者 セキュリティグッズの受取
・12/31&1/1 車検・書類審査
・2016/1/2 Dakar2016スタート ブエノス・アイレス
・2016/1/3 第1SS
・2016/1/10 休息日 サルタ
・2016/1/16 最終 表彰式

新しいコース、初の競技スタイル

新バージョンのコースは実質的・かつロジスティック面に対応しながら、何よりも競技的な面を重視した。以下、その主なポイント :

•より競技性を高める為、ビバーク“0”
ブエノス・アイレスであの大歓声に包まれたスタート・セレモニーの感動を味わった後、競技者とクルーはブエノス・アイレスを後にして、次のSSスタート地まで、ビバーク“無し”でリエゾンする。その目的は?1月3日からの本格的なステージを楽しんでもらう為。その翌日ビバークで1夜過ごす。

•マラソン・ステージ、全競技者、初のスタイルで:
1.フフイ~フフイのループ・コースをモト&クワッド、オート、カミヨン全車が走行 - 1月6日の超高地ステージは、アシスタント・カーもウユニのビバークに合流する(タリハTarijaでビバークの翌日)。今回初めて行われるマラソン・ステージの方法は、競技者がビバークに到着した後、車両の修理を行えないというもの。言い換えれば、競技者はコースをそれぞれの競技車両に合せて管理しなければいけないということだ。
2.二つ目のマラソン・ステージ :モト&クワッド部門のみ、第2週目に行われる。

•走行距離
当初の走行距離とほぼ同じ。より競技性が優先されたコース。

•オート&カミヨン
ほぼ全域にわたってオートとカミヨンのコースは同コース。