セキュリティー

何よりも優先される安全

ダカールラリーでは、コースに集まる観戦者や、競技者、アシスタンス関係者などの競技者などの安全について、何にもまさる慎重な配慮をしている。大会前に走行コース周域で注意の喚起キャンペーンを行ったり、大会中もダカールラリーの大部隊の走行に対し、前走グループが通過を予告して現地人たちへの注意を促したり、競技者や関係者に対して万全の医療サポート隊を配置したりするなど、これまでも安全に向けて多大な勢力を傾けてきた。2011年大会でも、これまで同様、競技者ならびに観衆の安全を図り、環境保護への対策がとられる。