Top of page(Alt+t) Skip to navigation(Alt+n) Skip to content(Alt+c)

ビデオ映像

DAKAR -8

クワドのレース生活
After the stage is over, sometimes a quad-rider’s day carries on, with a small detour for mechanical revisions and a quick visit to the doctor often necessary before getting their heads down for a well-earned rest.

ボウル(鉢)の向こうで
They often deal better with the dunes than the riders or drivers, but halts to their progress can often be longer for trucks that tip over on the sand. To get these huge machines back on track, the contestants are nonetheless used to having a helping hand. Here is an example.

DAKAR -9

やりすぎの砂丘
They come to the rally for the dunes, but sometimes choke on the sand. On the 1994 Paris-Dakar-Paris, the crews, including the most experienced, were forced to get out the spades and dig out the vehicles almost constantly, in a part of the Sahara now nicknamed “the impossible erg”.

目的地ティシット
In the collective memory of the Dakar, the Zouerat-Tichit stage has a special place. In the 2005 edition, the weather was especially inclement in Mauritania. The wind had softened up the sand in all the ergs that had to be crossed. For many contestants, this is where there adventure became a nightmare.

DAKAR -10

スタック!
Crossing the dunes is an art which has its limits. Even the most skilled experts sometimes hit a wall of sand oh-so-difficult to negotiate. Even with a name like Jean-Pierre Fontenay, a former Dakar winner, you can get stuck for hours: it even happened during recon!

2輪の地獄(パンク)
It would be such a shame to stop the adventure just for a flat tyre. Faced with this frustration, riders always need the force of character to persevere in conditions that are now and again over the top. But sometimes, lady luck is on their side…

DAKAR -11

初めてのパリ・ダカール
On 26th December 1978, on the place du Trocadéro, 178 vehicles got to grips with the first Paris-Dakar rally. For most of these pioneers led by Thierry Sabine, discovering Africa also meant confronting sandstorms, dunes, etc.

父のようで、息子のよう...
A Dakar regular, Antoine Morel shares his passion for quads with his son. In 2006, he took Alan, who was 18 years old at the time, to take part in the hardest rally in the world. To make sure Alan’s apprenticeship didn’t come to a sorry end, he had to keep the young rider’s enthusiasm in check.

DAKAR -13

フェリーを待ちわびる…
ダカールラリーは常に思いがけないことに出会う。1992年パリール・カップの年、ラリーの一行はアンゴラで、川の水が雨であふれて通行できない状況になったことがある。これを通過するために、ありとあらゆる手段が講じられた。過去を振り返る…

DAKAR -14

ダカールラリーのバイブルを作る作業
踏査隊の最重要任務は大会中、ドライバーやコ・ドライバーが使うロードブックを作る作業だ。ロードブックは、各ステージのデータを示すレースのバイブルともいえる。その編集作業について、競技ディレクター、ダヴィッド・カステラが語る。

ライダーは一人数役
モトで参加するには、肉体的な困難ばかりでなく、ナビゲーションも一人でやらなければならない困難が伴う。ライダーは、スピード走行しながら、ロードブックを見ながら、コースを選び、コースを見なければならないという、ひとりで何役もやる達人だ…

DAKAR -15

大会競技ディレクターのダビッド・カステラが、次大会のコースについて詳細を語る。コースはテクニック、ナビなどの難度が高く、アンデス峠で繰り広げられる世界最高の「モータースポーツ」について感想を語る。

踏査をするティエリー・サビーヌ
パリダカ1980を準備している時、ティエリー・サビーヌはアフリカに大衆の注目を集めさせた。彼は踏査をするのに、驚くようなシトロエンCXに乗って、アンチョビとツナの缶詰を食べながら、アフリカの轍の中を誇りまみれになってコースを設定していた。

DAKAR -16

ダカールラリー史初めての :
ダカールラリーでは例年フランス国籍が最多、そして続いてイタリアやスペインなどが続いていたが、こんかい初めてオランダが2番目の最多参加になった。クワッド2台、モト31台、オート16台、カミヨン18台。去る11月8日、オランダのValkenswaardに集まった1万5000人の観衆の前でパレードを行った。

乗船前の車検の模様
11月26,27日、ヨーロッパから参加する競技者らが、フランスのル・アーブルで乗船手続きを行った。そしてフェリーに乗せる前に行われた参加車両の車検の様子。

DAKAR -17

まぼろしの周回コース
ダカールラリー31回目の大会は、ブエノスアイレスの7th セプテンバー・アベニュー、オベリスクの麓でスタートする。ダカールラリーの競技者らはポディウムをスタートした後、パタゴニアのパンパを通り、アンデス峠を越えてチリへと進む。そしてアタカマ砂漠・・・、またとないすばらしい景色のコース…

エチエンヌ・ラヴィーニュ、アメリカ再発見…
今まで走ったことのない大陸、初めてのコース。大会実施までまだ数ヶ月あるが、1回目の踏査でコースを下見するエチエンヌ大会相責任者と踏査隊。初めて紹介するアルゼンチン、チリのコース。

書類審査と車両検査

コース踏査

アルゼンチン・チリ

インタビュー