Top of page(Alt+t) Skip to navigation(Alt+n) Skip to content(Alt+c)

ダカール・ラリーのボランティア活動

ダカール・ラリーは次々とテリトリーを開拓する。ダカール・ラリーは出会いが実を結び、向かえてくれる土地の人々とのつながりを大事にしている。30年以上にわたってアフリカでさまざまな形で現地の人々に支援活動を行ってきたが、ここ南アメリカでもその方針は続けられている。

現地NGOテコ・パラ・ミ・パイス

今年、ASOはアルゼンチンのバルパライソに、非営利団体<テコ・パラ・ミ・パイス>とタイアップして, 緊急用住居40棟を建てる支援を行った。 <テコ・パラ・ミ・パイス>は「私の国のために一つの屋根」という意味、アルゼンチンで毎年、大規模なイニシアティブを発揮し、積極的な活動を行っている団体だ。

ダカール・ラリーはテコ・パラ・ミ・パイスのメソッドに賛同し、去る1月10日に太平洋海岸で支援活動するスタッフと合流し、112,000US$の小切手を寄贈した。ダカール・ラリーは競技を行う地への感謝をこめて支援を続けている。

アフリカでも支援は続行

ラック・ローズまで大陸を走り抜けるというアフリカとの長い歴史、それは2010年も続けられる。ダカール・ソリダリオ、アクション・ダカール、さらにダカール6時間耐久レースのサポートなどを通して、ダカール・ラリートとフリカとの交流は続いている。

アクション・ダカールはSOSサヘルとタイアップして、現地の長期開発、農業開発、植林や砂漠化防止対策など、様々な分野に向けて2010年も続けられる。